生産工程請負、工場内物流請負、技術職・技能職派遣の専門会社

お仕事紹介

お仕事紹介

製造のお仕事紹介

当社での製造の多くは、工作機械や産業機械を構成するユニットの組立作業です。
作業で使う工具はドライバーやトルクレンチなどの一般工具を使用します。
未経験の方や作業に不慣れな方でも段階的にお仕事を覚えていけるように現場で教育しますので、安心して就業する事ができます。また、充分に作業に慣れ、必要な「玉掛け、床上操作式クレーン」等の免許を取得すると、お任せする作業も格段に増えていき、自分自身でも気が付かないうちに自然と技術・技能が身についてきます。
業務はこの他にも、シャンプーやリンス等のヘアケア製品の液体を機械で充填するオペレーション作業や電子基板への半田付け作業等もあり、当社では比較的経験や専門性を問われない定型作業から、特殊技術や熟練した技能を必要とする職人作業まで、数多くのお仕事があります。

加工のお仕事紹介

当社での加工業務で代表的なものはNC旋盤加工です。
NC旋盤の仕事には「プログラミング」と「オペレーティング」の2種類の仕事内容がありますが、未経験の方や業務経験が比較的浅い方は、旋盤がプログラム通りに動くか確認しながら機械を操作するオペレーティング作業から始めます。また、部品の製造を行うだけでなく、機械のメンテナンスをするのもオペレーティングにおける大切な仕事の一つです。
正常に作動するかどうかをチェックしNC旋盤を安定して稼働させることが大切です。
機械の清掃や管理、検査などは手順書などがあるので、それに沿って行います。
部品は小型の製品ばかりではありません。大型の鋳物部品の切削加工は「門型マシニングセンター」を用いて加工します。門型とは、字のごとく加工機が門の形をしており、何トン~何十トンもある鋳物部品を加工する場合に用います。
この他にも、鉄パイプの切断やねじ切り等、加工のお仕事も多岐にわたります。

工場内運搬やピッキングのお仕事紹介

モノづくり工場に併設された物流倉庫で、製品を作る為の部品の検品や受入作業する事から始まります。大きな部品は搬入されたトラックからフォークリフトを使って荷下ろしし、指定された部品棚に格納します。また、製造工程からの要求のあった部品を部品棚からピッキング(部品を抜き取る作業)し、容易に運搬できるようにパレットに荷崩れしないように準備するのも大切なお仕事です。
鋳物や外装金物などの重量物運搬は、フォークリフトやハンドリフト、電動車を使って工場内の運搬作業に従事しますが、大型部品だけではなく比較的小さなネジやボルト、ナット類等もあり、当社の事業所では時短で働くパートの方々も大活躍しています。

モノづくり現場で必要な資格

フォークリフト運転技能講習

大量に重い荷物を運ぶ場面ではフォークリフトが活躍します。
最大積載荷重が1トン以上の場合は「フォークリフト運転技能講習」を修了する必要があります。原則35時間の履修が必要ですが、他の自動車運転免許の有無や実務経験によって必要な履修時間を11時間にまで免除させることができます。フォークリフト運転技能講習は学科・実技ともに修了試験が課されるため資格取得の難易度は上昇します、しかし、その分できる仕事の範囲が広くなるため当社では取得を推進しております。
当社の物流部門でよく使われているのは下記の2種類です。
■カウンターバランスフォークリフト
座って乗るタイプでタイヤの角度が70℃以上回る為、小回りが効きます。
■リーチフォークリフト
立って運転するフォークリフトになります。室内で良く利用され、タイヤが90℃以上回る事が出来て機動性がかなり高いです。

玉掛け、床上操作式クレーン運転技能講習

■玉掛け技能講習とは、労働安全衛生法第61条、第76条にて規定されている「玉掛け技能講習」及び「玉掛け特別教育」を修了した技能者です。
荷重1t以上の揚荷装置およびクレーン、移動式クレーン、デリックの玉掛業務を行う技能者を認定する国家資格で、この資格を取っていないと玉掛け作業はすることはできません。
■床上操作式クレーン運転技能講習とは、吊り上げ荷重5t以上の床上操作式クレーンの運転作業に従事する方は、労働安全衛生法に基く技能講習を修了しなければならないことが義務づけられています。
尚、この技能講習を修了した者であっても、吊り上げ荷重1t以上のクレーン等の玉掛け業務は上記の玉掛技能講習修了者を修了した者でなければなりません。
当社では、組立作業以外の工場内物流作業でも上記2つの資格を持っていれば作業の幅が広がりますので資格取得を推進しています。

当社で使う主な溶接の資格

■ガス溶接技能者
ガスバーナーを利用して金属をつなぎ合わせる「ガス溶接」を行うために必要とされる国家資格。これがなければ、ガス溶接をすることができず、溶接の初歩的な資格の一つとされています。
■アーク溶接作業者
放電現象(アーク放電)を利用して金属をつなぎ合わせる「アーク溶接」を行うために必要な国家資格。アーク溶接とガス溶接の違いは、電気を使うかガスを使うかであり、これは溶接時の温度に影響します。ガス溶接は3,000度ほどの炎をつくるのに対し、アーク溶接は4,000度ほどの炎をつくります。溶接する素材によって、使い分けます。
■アルミニウム溶接技能者
アルミニウム合金の溶接を行う専門的な知識と技能を認定する民間資格。アルミニウム溶接は、ガス溶接やアーク溶接よりも難易度が高く、自動車関連の工場などでアルミニウム溶接の需要が増加しているため、身に着けておくと有利な資格でもあります。

自社工場のご紹介

ものづくり受託サービス

サービス強化に伴い2018年7月より相模テクニカルセンター(自社工場)を開設いたしました。これまで以上に、ものづくり企業様のご要望に応えるべく更なるサービス体制強化を図ってまいりますので、より一層のご愛顧、ご支援賜りますようお願い申し上げます。

相模原テクニカルセンター

〒252-0154 神奈川県相模原市緑区長竹2846番5

敷地面積:1974.82㎡ 延べ面積:442.80㎡

<設備>
・天井クレーン2.8t(フック下5m)×3基
・リーチフォーク1.25t
・レッキス工業 パイプマシン3in
・富士製砥精密 メタル切断機3in
・パナソニック CO2半自動溶接機
・パナソニック TIG溶接機
・デンゲン スタッド溶接機
・1.5tロング平トラック
・2tロング平トラック
<対象業務例>
機械・装置・ユニット組立/修理/検査/パイプ・配管・ハーネス加工/板金溶接・塗装 等

PAGE TOP